Menu Close

Category: ゲーム文化

なぜ日本人はこれほどまでに強いゲーム文化を持っているのか

ゲーム文化

パックマン、ゼルダの伝説、スーパーマリオ、ソニック・ザ・ヘッジホッグ。これらは、これまでに作られたビデオゲームの中で最も象徴的なゲームだが、多くの90年代の子どもにとって、子どもの頃の思い出の大部分がこうしたゲームに由来するものだ。これらのゲームは全て日本発であり、日本がいかにゲームの国といえるかを示している。Wii、任天堂、ソニー・プレイステーションは、日本発の世界的なゲーム機だ。こうしてみると、日本に豊かなゲーム文化あるのは当然だ。つまり、これらの事実は全て、日本は大々的なゲーム産業の成長の中心となってきており、自然と参加したくなる国であることを示している。   ゲームは長い間、日本の文化の一部となってきたが、これにはパチンコが関係している。日本で唯一かつ最大の合法的なギャンブルであるパチンコは、国内で大勢のファンが楽しんでおり、人口の大部分がたしなむ。第二次世界大戦後、パチンコ機は全国各地で急速に普及し、それ以来ずっと人気を保ってきた。日本のゲーム文化が今日のような価値を持つようになった大きな理由の一つは、株式会社セガである。 実は、現代のゲーム文化のルーツは、立体的なゲームやボスレベルを導入した日本にたどることができる。パックマンやスペースインベーダーのようなゲームがビデオゲームセンターを埋め尽くし、誰もがコインを食べたり、宇宙船を撃ち落としたりしていた。これにより、人々にテレビゲームへの帰属意識が植え付けられた。それがあまりにも強いため、国で最も成功した企業として任天堂がトヨタを追い抜いた時期もあったほどだ。   毎年、新しく改良されたバージョンのゲーム機がリリースされている。任天堂のWiiコンソールでは、より良い動作感覚を得るためLIDARベースのゲーム機を開発し始めている。プレイステーションは、より良いグラフィック、処理能力、速度をもつアップグレードした独自コンソールをリリースしており、アメリカの競合であるXboxの売上高をほぼ常に上回っている。   日本でゲーム産業が発展している理由はもう一つある。日本は、多くのアジア諸国と同様に、家族と家族が負う責任を非常に重要視している。高給取りになって、家族を養えるような、重要な人にならなければならないというプレッシャーが存在する。こうしたプレッシャーは、アジアの他地域でも珍しくはない。このようにプレッシャーに晒された人々は、ゲームをはけ口や世間の義務から解放してくれるものとして、そこで自分の時間を持てると考えているのだ。   結論   まとめると、ビデオゲームは日本文化のうち大きな部分を占めている。ビデオゲームは、マンガやアニメといった人気のある娯楽と並んで、日本の芸術やライフスタイルを形成してきたし、科学技術が進歩するのに伴って今後もそうあり続けるだろう。